1.デカルトについて

 デカルトは激動の17世紀ヨーロッパに生きたフランス人で、近代合理主義の礎を築いた哲学者であり、また、私たちが中学校で習う代数幾何学の創始者でもあります。
 彼は主著『方法序説』のなかで唱えた言葉「われ思う、ゆえに我あり」を再出発点に据え、自らの明晰判明な主観が真理と認めた事物だけでその哲学(学問)を体系化しようとしました。
 
 学問の領域は、心身二元論・個人主義・主観と客観・科学思想、そして光学・精神学・医学・解剖学・代数幾何学など多岐に渡り、その後のヨーロッパ文明ひいては世界中に絶大な影響を与えることになります。
 諸外国を旅し、オランダで研究と執筆の日々を送ったデカルトですが、彼の著作と思想は常に賛否両論にさらされます。17世紀後半における禁書処分とデカルトブーム、18世紀のデカルト思想の衰退、19世紀には日本への伝播、20世紀も折に触れて検討され、21世紀の現在でもなお新しい思想の叩き台として、哲学史の中央にそびえ立っています。
Rene' Descartes/ルネ・デカルト (1596-1650)