こどものぺーじ 

 
【こどものページ】



 ここは こどもの みなさんに ぜひ
 みせたくて つくった ページです。
 おとなは こどもの ことを ときどき
 ちゃんと かんがえて いるのです。


「シューベルトの子守歌」
作曲:フランツ・シューベルト
歌詞:河西白雨

 ※近藤朔風・内藤濯それぞれの翻案歌詞と、ドイツ語の原作歌詞(作詞者不詳)を参考に(一部借用し)、
  平易な現代語を用いてかつ実用的に改作した。〈手・花・墓・揺籠〉などの表現は削った。2022.1/14


1 
  ねむれ ねむれ 母の胸に
  ねむれ ねむれ もう夢のなか
  ふわふわ ふっくら ほっとする気持ち
  ねむれ ねむれ やさしい夜に

  ねむれ ねむれ 母の胸に
  ねむれ ねむれ もう夢のなか
  ぷにゅぷにゅ ほっぺた かわいい子ども
  ねむれ ねむれ たのしい夜に

  ねむれ ねむれ 母の胸に
  ねむれ ねむれ もう夢のなか
  きらきら 星が 空にかがやく
  ねむれ ねむれ きれいな夜に

  ねむれ ねむれ
(ふーふーふふふふふーふ)
  ねむれ ねむれ
(ふーふーふふふふふー)
  すやすや 今日は きのうになるよ
  ねむれ ねむれ もう夢のなか




 ***

 さて、ウィキペディアにのっているのを見ますと、この『子守歌』は、
「ドイツの作曲家フランツ・シューベルトが19歳の1816年11月に作曲した子守歌で、世界的にも有名な子守歌である。」
 ということです。作詞者はわかっていませんが、日本でも明治期からいくつか翻案された歌詞があります。参考に3つ、みてみましょう。

【参考1】
「シューベルトの子守歌」
 作詞者不詳
(ドイツ語歌詞の翻訳。Wikipediaより

1 
  眠れ、眠れ、やさしい、いい子よ、
  母の手でゆっくり揺られながら。
  やさしい休み、おいしいおやつを
  この揺りかごのヒモがもたらす。


(※「世界の童謡・民謡」サイトに3番までの歌詞の意訳が掲載されてあります)


【参考2】
「シューベルトの子守歌(美し夢=うましゆめ)」
歌詞:近藤 朔風
(こんどう さくふう、1880−1915(大4)


  眠れ眠れ 可愛(めぐ)し緑子(わくご)
  母君(ははぎみ)に 抱(いだ)かれつ
  ここちよき  歌声に
  むすばずや  美(うま)し夢

  眠れ眠れ 慈愛(めぐみ)あつき
  母君の 袖(そで)のうち
  夜もすがら 月さえて
  汝(な)が夢を 護(まも)りなん

  眠れ眠れ 疾(と)く眠りて
  朝まだき 覚めて見よ
  麗(うるわ)しき 百合(ゆり)の花
  微笑(ほほえ)まん 枕もと 



【参考3】
「シューベルトの子守歌」
歌詞:内藤 濯
(ないとう あろう、1883−1977(昭52)


  ねむれねむれ 母の胸に
  ねむれねむれ 母の手に
  こころよき 歌声に
  むすばずや 楽し夢

  ねむれねむれ 母の胸に
  ねむれねむれ 母の手に
  あたたかき その袖(そで)に
  つつまれて ねむれよや

  ねむれねむれ かわい若(わく)子
  一夜(ひとよ)寝(い)ねて さめてみよ
  くれないの ばらの花
  ひらくぞや まくらべに

  ねむれねむれ 母の胸に
  一夜寝ねて 起きてみよ
  かおりよき 百合の花
  におうぞや ゆりかごに


 ***

 シューベルトが作ったピアノ曲に、だれかわからないけれど
(この人かなというのはあるそうです)、そのだれかさんがドイツ語の歌詞をつけたのがはじまりです。この歌詞の内容は、寝かしつけるだけのお話ではなく、謎めいた複雑な背景があるそうですね。
 近藤さんはドイツ語の歌詞を部分的にだけ直訳して、あとは別な独自のイメージを入れたようです。内藤さんはそれを下じきにしつつ、内容を原作歌詞に寄せもどし、かといってそのままにはせず、また違うイメージで歌詞を変えたようです。

 2022年になって、私はじぶんの次男(6才)がなかなか寝ないので、日本の古い子守歌を歌ってあげました。
「ねんねん、ころりよ、おころりよ。ぼうやは、よいこだ、ねんねしな…」
 すると子どもは、
「こわい、こわい! こわくて、よけいに、ねむれない!」
 とさわぐのでした。
 そこで、モーツァルト
(or フリース)とかブラームス作曲の似通った音調のやさしい子守歌がありますが、シューベルトのこの歌を歌いました。でも、親なのに、さいしょのところしか歌詞が思い出せません。

 ケータイで調べてみると、歌詞はむずかしくて、昔の日本語なんですね。あるいは、現代アレンジ版もいくつかあって、それぞれ工夫がありますが
(「パパ」とか「ママ」になっているのもあって、それはそれで原作風味があるかもわかりませんが)そうだ、じぶんでも好きにかえてみちゃおう、と思って、あたらしく書いてみることにしました。それが、今回の「シューベルトの子守歌」の歌詞です。

 みなさん、きっとすてきな夜でありますように。
                     
 2022.1/14    
河西 白雨   
  

     〃 〃 〃 河西大地の手植えノートWebsite 〃 〃 〃